自分自身の葬儀について今から準備できる事はありますか?

ご本人がご健在の間に「エンディングノート」などを使い、記録を残すことをおすすめします。

ご自身しかわからない情報や、家族に宛てたメッセージなどを記しておくことで、ご家族の負担を大幅に減らすことができるからです。

■ご本人に関する情報を一冊のノートにまとめておくことで、万が一の時のご家族の負担が大幅に減ることになります。

このノートに「クレジットカード」「各銀行口座からの引き落とし」「保険」「連絡先」などの本人しかわからない情報の他、葬儀に関する希望や相続に関することなどを記載しておくと安心です。

万が一、ご本人に何かあった時に、各種解約等の手続の際に様々な情報が必要となるからです。

各種情報に変更があった場合は、ノートの情報も併せて修正した方が良いでしょう。

使用していないクレジットカードや銀行口座があるならば、解約しておくことをおすすめします。

■書店やネットショップでは様々な種類の「エンディングノート」を取り扱っています。

インターネット上で検索すると、無料で印刷できるものもあるようです。

市販のものでなくても、普通のノートやパソコンで入力したものでも問題ありません。

ご家族が読みやすいようにわかりやくまとめると良いでしょう。

■また、初めてのご葬儀でご遺族が一番悩むこととして「葬儀費用の相場がわからない」が多く、「交友関係が不明で通知ができない」ことや「葬儀の内容などで身内と意見が合わない」ことも挙げられます。

エンディングノートには、「ご本人に葬儀に関する希望」や「万が一の時に連絡してほしい友人・知人リスト」などがあれば、記載しておくことをおすすめします。