終活を始めました。千葉県でも葬儀の相談を生前に行えますか?

千葉県を含む各都道府県において、ほとんどの葬儀社や斎場で葬儀の事前相談を行っています。

■ご健在のうちに葬儀の事前相談をしておくことで、もしもの時にご家族の負担を減らすことができます。

「転ばぬ先の杖」として、生前に事前相談をしている方も多くいらっしゃいます。

千葉県をはじめ、全国の葬儀社や斎場では、365日24時間いつでも葬儀の相談を受け付けているところが多いようです。

まずは気軽に資料請求などから始めてみてはいかかでしょうか。

■コロナ禍においての外出は気が引けるという方や、諸事情により葬儀社や斎場に足を運ぶのが難しいという方には、電話やインターネット上のお問い合わせフォームでの相談がおすすめです。

また、メールやFAXでの対応を行っている葬儀社や斎場もあるので、文章にまとめてから相談したいという方はメールやFAXでの相談をおすすめします。

■様々な斎場や葬儀社があり、どこに相談したらいいのかわからないという方には「全葬連葬儀事前相談員」が在籍している葬儀社から選ぶという方法もあります。

「全葬連葬儀事前相談員」とは、経済産業大臣の認可を受けた「全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)」により発足された資格制度です。

葬祭の実務経験を積んだ事業所スタッフが、講習の受講から試験を経て認定されるものなので、確かなアドバイスが期待できます。

加盟葬儀社は全国にあり、千葉県においても18社が加盟しています。

また、厚生労働省が認定する「葬祭ディレクター」という技能審査制度もあり、こちらの資格も葬祭に関する確かな知識と技術が保証されています。

◎関連記事:これからの人生を豊かに!中高年から始める終活5つのポイント | ライフスタイル | NHKらいふ